パティシエ知識

【パティシエの収入】平均年収や高い人の特徴は?

パティシエ

パティシエはお菓子好きな人には憧れの職業。でも、社会人として働くなら、給料についても考えておかなければなりません。

パティシエはどのぐらい稼ぐことができるのか?気になるところです。

今回は、パティシエの仕事に興味を持った人にもわかりやすく初任給や平均年収、年収が高い人の特徴を解説。ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

【パティシエの収入】初任給・平均年収は?

考える女性パティシエ

パティシエの年収は、200〜400万円くらいが平均と言われています。初任給は20万前後となることが多いです。

20万円以下の給料では、手取りが12〜15万円程度となる場合も。手取りの金額をみると、給料が低いと認識せざる負えません。

 

しかし、パティシエは高い給料を稼ぐことができる職業でもあります。

まずは、パティシエの収入について、詳しくみていきましょう。

 

|初任給の平均

パティシエの初任給は、専門学校卒業か未経験で就職したかでも違いがあります。

パティシエの初任給の平均は、以下の通りです。

 

専門学校卒業したパティシエの初任給:20〜22万円くらい

未経験・10代で就職したパティシエの初任給:15〜18万円くらい 

※年齢や社会人経験によって変わります。

です。※年齢や社会人経験によります。

ただし、お菓子屋さん・ホテル・レストランなど働く場所、企業の規模によっても給料は変わるので、もう少し金額が高い場合もあります。

 

しかし、パティシエの初任給は決して高くありません。

初任給が低いからといって、夢を諦めることはありません。なぜなら、パティシエはしっかりと稼ぐこともできる職業だからです。

 

次に、平均年収について詳しくみていきましょう。

 

|平均年収

パティシエの平均年収は、200万円くらいから。年齢と共に上がっていきます。

パティシエの多くは、40〜50代になる頃に独立をする方が多いですが、ホテルやブライダル企業などでは、長く働く方もいます。

 

【年齢別】パティシエの平均年収

20代 200万円前後〜250万円
30代 250万円〜350万円
40代 300万円〜400万円

 

企業で働くなら、給料をあげるには、やはり役職として上を目指す必要があるでしょう。長く働けば、50代で年収500万円以上となることもあります。

 

また、パティシエとして平均年収1,000万円以上を目指しているなら、独立を視野に入れても良さそうです。有名になれば、1,000万円以上の収入も夢ではありません。

仕事を始めたときの平均年収は低めですが、将来は大きくできる可能性がある職業がパティシエなのです。

 

 

年収が高いパティシエの特徴は?

おしゃれなスイーツ

それでは、どのようなパティシエが高い年収を貰えるのかをみていきましょう。

 

|ホテルやレストラン業界で働き続ける

ある程度大きなホテルやレストランでシェフパティシエの経験があると、年収が高いパティシエとして働くことができます。

転職しても、同じ業界にいるなら給料も下がらずに働くことができる可能性が高いです。それぞれの店舗で実績をあげ働くことで、次のステップも見えてくるでしょう。

女性でも役職につくことは可能です。有名パティシエとして紹介される女性パティシエも増えてきています。

 

|独立して経営者になる

パティシエの仕事はお菓子を作ること。自分自身のお店をオープンし、美味しいお菓子を作り、販売することで年収を大きくすることができます。

メディアや口コミで有名になれば、1,000万円以上の年収となる場合も。

自分が将来どんなお店を持ちたいのか、考えて見ると良いかもしれませんね。

 

|パティシエとして有名になる

有名なパティシエになれば、監修やレシピ開発などいろんな仕事を依頼されるようになります。いろんな仕事を請け負うことで、しっかりと稼ぐことができるでしょう。

コンクールで優勝したり、人気店のシェフとしてメディアに取り上げられたりすることで、有名になることができます。

また、ネットで情報を発信したり、海外で働いてきたりするのも有名になる一歩となるでしょう。

 

 

一流のパティシエになるために大切なこと

人差し指を立てる女性パティシエ

一流のパティシエになるためには、技術と経験を積むことが大切です。美味しいものを作ることにやりがいを感じているなら一流のパティシエと言えます。

パティシエ業界は、まだまだ収入が少なくてたくさん働くイメージが強いです。「頑張り続けなければ一流にはなれないのか?」と感じる人もいるかもしれません。

 

しかし、パティシエも時代とともに少しづつ変わってきています。近年は、Youtubeやブログなどで発信し、人気を得ることも可能です。

一流になるためには、素材選びや味の探究なども欠かせません。味覚の鋭敏さも重要です。働いていても休んでいても、スイーツのことを考えている人がどれくらいいるでしょう。

食への追求をやめず、いろんな可能性を広げることは、一流になるためには欠かせないでしょう。

 

 

パティシエを目指すなら

パティシエと一口で言っても、洋菓子店からホテルなどいろんな働き先があります。洋菓子業界をあまり知らないなら、専門学校へと進むのがおすすめです。

専門学校で資格を取れば、就職にも有利になります。

国際製菓専門学校なら、進路相談や就職サポートもしっかりとしているので、自分の将来についてしっかりと向き合うことができるでしょう。

自分自身で作り上げたスイーツが「美味しいと笑顔をもたらしてくれる」。その喜びを楽しみながら仕事を続けていきたいですね。

 

高等課程HP
オープンキャンパス