社会に出て、さらにレベルアップ、
スキルアップを目指す卒業生たちはさまざまなコンクールに参加し、
その実力が認められています。

社会に出て、さらにレベルアップ、スキルアップを目指す卒業生たちはさまざまなコンクールに参加し、その実力が認められています。

2006年uipcg第12回
国際ジュニア製菓技術者コンクール

ドイツ大会 日本代表 優勝

東 久美子さん

クープ・デュ・モンド・ド・ラ・
ブーランジュリー2020

飾りパン部門 日本代表

勝海 遥平さん

第9回ボワロン杯・

パティシェール・コンクール 優勝

野田 恵理子さん

2017ジャパンケーキショー東京

デコレーションケーキ
バタークリーム仕上げ 銀賞

牧野 香里さん

2006年uipcg第12回
国際ジュニア製菓技術者コンクール
ドイツ大会 日本代表 優勝

2006年uipcg第12回
国際ジュニア製菓技術者コンクール
ドイツ大会 日本代表 優勝

東 久美子さん

本学卒業後、実習助手として勤務。

このコンクールは次世代を担う25歳未満のパティシエのために企画された、2年に一度行われる。本学在職中、日本代表として選ばれ2006年ドイツ大会に出場し見事優勝しました。各国代表が、16時間にわたり、ピエスモンテ・アントルメ・アイスクリーム・チョコレート・出身国特有の菓子・フィギュア(マジパン細工など)の6種目で競い合う。

東さんのテーマは「夏」

2005年3月 製菓総合専門士科 卒業
クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジュリー2020
飾りパン部門 日本代表

2005年3月 製菓総合専門士科 卒業
クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジュリー2020
飾りパン部門 日本代表

勝海 遥平さん

株式会社ポンパドウル 勤務

クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジュリーとは、フランスのMOF(国家最優秀職人)が主催する「ベーカリーワールドカップ」です。勝海さんは3名の日本代表のうちの1名に選ばれました。2020年の大会に向けての選考会飾りパン部門のテーマは「オリンピック」。
「スポーツの中でも繊細さと優雅さを供えた“新体操”をモチーフにして制作をしました。昨今の飾りパンの流行は、ボリュームや質感を出したものが多いように思いますが、それをつきつめると、陶器のようになってしまう。個人的にはそれはあまり好きではありません。“飾りパン”はあくまでもパンなのでパンらしさを大事にしてパンやデニッシュを使って表現したい。まだまだ製パンの技術が未熟なので、自分の技術を上げることで作品がもっと映えると思います。」(勝海さん)

勝海さんは学生時代から飾りパンに興味を持っており、卒業作品展では学校長賞を獲得しています。

国内予選の作品

2006年3月 製菓総合専門士科 卒業
第9回ボワロン杯・パティシェール・コンクール 優勝

2006年3月 製菓総合専門士科 卒業
第9回ボワロン杯・パティシェール・コンクール 優勝

野田 恵理子さん

(元)菓子工房オークウッド MIKIMOTO LOUNGE

「第9回ボワロン杯・パティシェール・コンクール」で本校卒業生の野田恵理子さんが優勝しました。コンクールは第1次書類審査を通過した10名の選手により実技競技が行われました。フランスのボアロン社のフルーツピューレを使ったデザートで皿盛りデザート、カップデザート、パウンドケーキとその他に飴細工の4種類を製作しました。野田さんは「優勝発表の時は信じられませんでした。本番を想定した練習に協力していただいたシェフや先輩方、応援していただいた方々へ感謝の気持ちでいっぱいでした。今はコンクールで学んださまざまな経験を仕事に活かしています。」と語りました。

優勝作品 コンクール写真提供(社)日本洋菓子協会連合会

MIKIMOTO LOUNGEの厨房で

MIKIMOTO LOUNGEの厨房で

優勝作品 コンクール写真提供(社)日本洋菓子協会連合会

2007年3月 製菓総合専門士科 卒業
2017ジャパンケーキショー東京
デコレーションケーキ バタークリーム仕上げ 銀賞

2007年3月 製菓総合専門士科 卒業
2017ジャパンケーキショー東京
デコレーションケーキ バタークリーム仕上げ 銀賞

牧野 香里さん

本学卒業後、フランス菓子ル・セルで勤務し、
2012年から本校で実習課助手として勤務。

日本最大の洋菓子コンテスト、2017ジャパン・ケーキショー東京にて本校の実習課、助手主任の牧野香里さんが銀賞を受賞いたしました。授業が終了してから少しずつ制作し、完成させた作品のテーマは「お祝い」。ご祝儀袋、水引をイメージして作られた作品のポイントは麻の葉模様のパイピングと細かいドットで色を付けた菊の花やグラデーションです。
「8回目の挑戦でようやく受賞することが出来ました。今回受賞できたことで、諦めず挑戦し続けることの大切さを学びました。しかし、まだ自分より上の人はたくさんいるので、さらに上の賞を狙えるようこれからも技術を磨いていきたいと思います。」

牧野さんのテーマは「お祝い」

牧野さんのテーマは「お祝い」

オープンキャンパス