スペシャル授業

ルノートル特別授業

10/15~10/19までフランスの姉妹校「エコール・ルノートル」よりクリストフ・ルドン氏(M.O.F)が来日し、
特別授業が行われました☆

エコール・ルノートルは、フランス・パリにあり、
フランス三大料理人の1人と称された故ガストン・ルノートル氏が創設したプロのための製菓学校です。
最新設備の整った最高峰の技を学べるとあり、世界中から研修生が集まります。
フランス菓子の巨匠ピエール・エルメ氏もガストン・ルノートル氏の門下生だったそうです。
講師陣の多くはMOF(フランス最優秀技術者)の称号を持ち、輝かしい経歴を持つシェフや
パティシエが教壇に立ちます。
国際製菓専門学校は日本で唯一の姉妹校提携を結んでいます。



初日の10/15は姉妹校の西東京調理師専門学校の学生がプチ・フール・サレの授業を受講しました。





10/16~17は一般の方を対象にプチ・ガトー/アントルメのデモンストレーションを行いました。


本校の学生も同席させていただきました。

ポイントやコツもしっかりメモしていきます。

様々な手法で次々と作品が出来上がっていきます。




目にも美しい作品が出来上がりました。









さすがM.O.Fです。
日本にいながらこのような素晴らしい技術を目の前で見ることができる貴重な時間となりました。



10/18は姉妹校の国際パティシエ調理師専門学校の学生がチョコレート細工の授業を受講しました。

ルドン氏の手さばきに学生たちも真剣です。




どのようなピエスができるのか、作品の一部がどんどん出来上がっていきます。





だんだんわかってきましたね。

ハロウィンが近いので、ハロウィンをモチーフとしたピエス・モンテが出来上がりました。
表情も絶妙です。



最終日10/19は国際製菓の学生を対象にチョコレート細工の授業をしていただきました。
もちろん前日とはまた違った構想のピエスです。
さて、どのような作品が出来上がるでしょうか。





これはのちのち大事な中心部分になります。




これは土台でしょうか。


次々と接着していきます。


だんだん立体的になってきました。

葉のような部分と花びらのようなシルエットです。


日本の椿をイメージしたモダンな作品が出来上がりました。

花片ひとつひとつと葉の婉曲がとても緻密です。

今回の作っていただいたルドン先生の作品ひとつひとつがとても素晴らしく、普段経験できない特別な瞬間をたくさん目にすることができました。
これからプロになる学生にとっても更なる技術向上を目指す刺激となったことでしょう。
1週間に渡り、たくさんの事を教えていただきました。
Merci Beaucoup!
Monsieur Redon!!

オープンキャンパス